あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

常識の裏にあるもの

From:小川忠洋

「もっと常識を守れ!」
「お前は常識がない」
「常識的に考えてそれは無理だ」

このような言葉は極めて常識的な
マナーを守った大人から出てくる。

確かに常識を守っていれば、
大きなトラブルに巻き込まれることも
なければ、大きな苦難を味わうこともないだろう。

しかし、常識の裏側に
もう一つの顔があったとしたらどうだろう?
これはある人が考えた事だ。

その人も常識を守らない人だった。
そして、そのツケとして、とても苦労する
人生を送ることになった。

しかし、彼は常識の裏側の
もう一つの顔を知っていた。
そして、それを受け入れることを拒否した。

彼が見た、常識の裏側の顔とは、

「怖れ」

である。

常識を守れば、大きな苦労を味わうこともないが、
大きな達成感を味わうこともないだろう。

常識を守れば、他人と一緒の所にいることができるが、
本当の自分自身が何なのかを忘れてしまうだろう。

常識を守れば、失敗することはない
と思うだろうが、成功することもない。

常識の裏側の顔は
成功や失敗への恐れなのかもしれない。

変化への恐れなのかもしれない。

彼は、この顔を見て
「常識的に考えて、無理に決まってる」
という言葉を拒否し、自分の考えに従った

そして、1955年。
カリフォルニアにテーマパークの常識を覆した
ディズニーランドを建設した。

ウォルトディズニーは
常識の裏側の顔を見ていた。

あなたは常識の裏側に
何が見えるだろうか?

-小川忠洋

PS.
本城さんの英会話メソッドは、非常識なものが多い。
だけど、体験したうちのスタッフは、
全員英語がペラペラになって帰ってきた。。
「常識」にとらわれていると、本質を見失ってしまう可能性がある。

http://www.honjo-e.com/freeDVD/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

5件のコメント
  1. katagiri |
  2. クロモミジ |
  3. 山口のゆうこさん |
  4. タナカ |
  5. 宏美 |
  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。