あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

集中力

マット・フューリー

私は高校生のとき、チャンピオンになるための集中力を
阻害するものはすべて拒否していました。
パーティーも飲酒もドラッグも
どんちゃん騒ぎも全部断っていました。

高校三年生の終わりも近付いてきた頃、
役に立つと自分が考えていた行動を徹底的に調べ直しました。
それらの行動が私を成功に近づけているのか、
遠ざけているのか再評価したのです。

そのおかげで、自分がどれだけ無駄なことに
時間を費やしていたのかが分かりました。
無駄な行いをやめて、チャンピオンになるために
必要だと本当に自分が信じたものだけに集中しました。

それ以前の私の記録は7勝4敗でしたが、
磨きをかけた後の記録は15勝0敗のストレート勝ちでした。
その結果、州大会の出場資格を得ました。
そのとき私は足首をひどく捻挫していたにも関わらず、
2年間負け知らずの州のディフェンディング・チャンピオンを倒し、
州3位にランクしている男をやっつけて決勝戦の進出を決めました。

この時点で、自分がどれほど達成してきたのか考え始めていました。
激励の気持ちをこめて自分の肩をポンと叩く一方で、
決勝戦にネガティブな気持ちを抱いていました。
私は試合に中途半端な気持ちと頭で臨み、
僅差で負けました。
それ以来、このときの教訓は忘れたことはありません。

それから何年にも渡って、その決勝戦の夢を見ました。
夢というよりは悪夢でした。
深い失望の感覚で夢から目覚めることがよくありました。
敗北の痛みは私の精神に深く突き刺さったままでした。

どうして勝利にあんなに近くまで来ていながら気を緩めたんだ?

どうして集中力を失ったんだ?

しかし、このときの敗北は結果的には私にとって警告になったとともに、
有難い経験にもなりました。
目標を最後まで達成するまで決して眼を離すな
という教訓を私に教えてくれました。

他人が自分のことをいかに良く評価しようともそれに溺れてはいけない
という教訓を教えてくれました。

サイコサイバネティクスで、想像力を使って、
決勝戦の会場に戻り、あの試合をもう一度戦うことができる
ということも学びました。

想像の中で試合をもう一度戦った結果、
私の敗北は大きな勝利となって戻ってきました。
私は自分の気持ちを変えたのです。
想像の中の自分のイメージを変えたのです。
そして私の人生も変わりました。

あなたも苦しみを楽しみに変える方法を知りたいですか?
敗北を勝利に変える方法を知りたいですか?
貧困を裕福に変える方法を知りたいですか?
肥満を健康的な身体に変える方法を知りたいですか?

それならば、私が成功するために役立てた
サイコサイバネティクスを学んでください。
今すぐチェックして、人生のすべての経験に生かしてください。
http://www.0stresslife.com/zrlb/

マット・フューリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。