あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

感謝祭の日に感謝したい3つのこと

ついに発表!「自分を不幸にしない13の習慣
無料サンプル版はこちら > www.13habits.jp

========================================================

おはようございます!
マット・フューリーです。

アメリカでは、毎年11月の第4木曜日に
感謝祭が行われます。

その日、私は3つのことに
感謝の気持ちを捧げます。

その1 私の健康

体の健康はもちろん、心の健康についても、
いつも感謝しています。

その2 私の家族

妻や息子、娘、両親、兄弟、
そして私にとって「家族」同然の友人たち、
いつもありがとう。

その3 クライアント、お客様

あなたのおかげで、私はとても素晴らしい人生を送っています。

この気持ちはいつまでも忘れません。

***

子供の頃、私は食事の前には
必ずお祈りをするようにしつけられました。

また、一日の始まりと終わりには
感謝の祈りを捧げるように教わりました。

そのような感謝のお祈りは
信仰に関わらず良い習慣だと思います。

しかし、それは誰一人として
完璧にできない習慣でもあります。

つまり、どんなにたくさん感謝の気持ちを伝えても、
もう十分だというレベルには
誰も達することはできないのです。

そうです、感謝というのは生涯をかけて行う習慣です。

感謝をすればするほど、人生は素晴らしいものになるでしょう。

今年の感謝祭の日も、
私は心からの「ありがとう」を皆様にお伝えしたいと思います。

皆さん、素晴らしい人生を私にお与え下さり、
心から感謝申し上げます。

マット・フューリー

**今日のフィードバック**

今日は。忙しくしていて、お返事が遅れてすいません。
小学生の時に、成績の良い子に、いやがらせをする、
成績のあまりよくない子達がいました。
彼らがどうしてそうだったのか、知りたいと思っていました。
モルツさんの話は、とても参考になりました。
セルフイメージが低い→自尊心への背信の傾向=自信がない=劣等感(極端)と、
その反対にある優越感(極端)の間を行ったり来たりの思考、行動 。
こういうことになるのかなと整理がつきました。
「人の足は踏まないこと!」
人の足を踏むというような行いは、自尊心への背信の表れ。
「競争相手は自分」本当、その通り。
世の中、セルフイメージの低い人だらけということかも知れません。
人の足を踏む、あるいは慢心、無知傲慢など、色々ありますが、
それらの場合もすべて、まだまだ「セルフイメージが低い」ということだ
と、理解しました。

前川さん

Comment:
コメントや質問待っています。
全部に返事はできませんが必ず目は通します。
このURLをクリックしてブログにコメントください。
http://www.drmaltz.jp/blog

ありがとうございます^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

3件のコメント
  1. Tanaka Hideki |
  2. hinamiko |
  3. シンクレア |
  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。