あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

岩清水選手(なでしこジャパン)の教科書

おはようございます。

スポーツドクターの辻秀一です。
 
 
 女子サッカーワールドカップ、
なでしこジャパンは
準優勝という結果でした。
 
大変素晴らしいことだと思います。
 
しかし、2 連覇が期待されていましたので、
残念に思う方も少なくないはずです。
 
にもかかわらず、
なでしこの健闘を讃える声が
圧倒的なように思います。
 
 
 
アメリカとの決勝戦は
接戦というよりは完敗
という評価かもしれません。
 
確かにアメリカとは
技術的にも戦略的にも
大きく差があったと思います。
 
ですが、メンタルに関しては
決して負けていませんでした。
 
それは、なでしこの
粘り強さ、諦めない姿勢から
誰もが感じ取ったのではないでしょうか?
 
その姿が多くの人に感動を伝え、
勝ち負けを超えた感動を
与えてくれたのだと思います。
 
まさに Good Loser
「素晴らしい敗者」
と呼べるのではないでしょうか。
 
 
 
個人的にはこのワールドカップの期間中、
岩清水選手に関する記事で
私の『スラムダンク勝利学』が
紹介されていたのがとても感動しました。
 
『スラムダンク勝利学』を教科書にして
常に「今に生きる」と考えているのだそうです。
 
過去や未来にもっていかれそうになっても、
今に集中してその一瞬一瞬を全力で生きる。
 
スラムダンクの中でも花道が
「おれは今なんだよ」
という場面がありますが、
まさにそれを強く意識しているのでしょう。
 
『スラムダンク勝利学』を
大会にも持って行ってくださっているそうで、
大変ありがたいことです。
 
 
 
この岩清水選手のように、
なでしこジャパンはチームとして
今に全力で生きるチームなのでしょう。
 
2 つのチームが試合をすれば
当然どちらかが勝ち、どちらかが負けます。
 
それでも、なでしこジャパンが
グッドルーザーたりえるのは、
過去がどうだろうと
途中経過がどうだろうと
今に一生懸命生きているから。
 
全力を尽くしているから。
 
自分を信じて悔いのないように
プレーしているからなのだと思うのです。
 
 
 
なでしこジャパンは当然優勝を目標にしていたはずで、
誰一人負けていいなんて思っていないはずです。
 
それでも負ける時は負ける。
 
しかし、勝っても素晴らしいし
負けても素晴らしい。
 
だからこそ、本当の意味で
常に勝ち続けるチームなのです。
 
 
 
P.S.
あなたも本当の意味で
常に勝ち続ける人生を送りたいと思いませんか?
 
その秘訣を無料で知ることができますが・・・
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1件のコメント
  1. 宮内 晃男 |
  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。