あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

司法試験より難しい試験

おはようございます。9k=
スポーツドクターの辻秀一です。
 
 

剣道八段試験をご存知ですか?

 

先日、年に 2 回あるこの試験のために
80 歳までの 700 人近い方が日本武道館に集まりました。

剣道八段試験は司法試験よりも
合格率が低いと言われる超難関の試験です。

七段になって 8 年以上の 46 歳以上の剣士たちが
ようやく受験できるのですが、
200 人のうち 1 人が合格できると言われています。

七段同士で 2 分間の立ちあいを 2 回、
それを八段の中でも範士の資格のある方 6 名が
ご覧になって八段に相応しいかどうかを判断します。

 

一次にパスすると今度は二次試験で
さらに 9 人の範士に観られながら
2 分間の立ち合いを 2 回して、
最終的に八段としての人間の器が
あるかどうかが問われると言う凄い試験なのです。

全日本チャンピオンですら
合格が出来ないと言われています。

人間の器とは何ぞやを問いかけ続け、
自らを磨き続けるこの仕組みの
素晴らしさに驚愕します。

46 歳以上の方が本気になって自分に向き合い、
自分を磨いて挑戦しているのです。

 

人間の器が問われる試験。
人間の器とは何でしょうか?

試験の内容からもわかるように、
ただ技術が問われる試験ではないことがわかります。

「心技体」という言葉があるように、
技術以外にも、心や体が揃ってこそ
器が大きくなると見ることもできます。

 

まだまだ色々な表現ができるはずです。

エネルギー、輝き、自然体、集中とリラックス。

余裕、揺らがず・とらわれずの姿勢、勢いなどなど。

何を高めれば人間としての器が大きくなるのか?

 

そうです。実は答えなどないのです。

そんな答えのない中で鍛錬が続きます。

それが道だということでしょう。

八段という 1 つの結果は得られるかもしれませんが、
決してそれがゴールではないはずです。

ゴールという結果を求めるという前提は必要ないのです。

 

ライフスキルを磨くことにも終わりはありません。

ゴールはないのです。

私たちが生きている限り
常に磨き続けていくものであり、
人間としての器を広げていくのに
終わりはないのだと思います。

 

P.S.
より自分を磨いていきたいと思う方は
最優先でこの方法を取り入れてください

http://directlink.jp/tracking/af/368691/QjVe47CW/

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。