あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

昨年を引きずるのは損ですよ

明けましておめでとうございます。9k=
スポーツドクターの辻秀一です。
 

あなたが朝起きた時、
一番に考えるのは何でしょうか?
 
朝から不機嫌な人がたくさんいます。
 
そういう人は、朝から
自分を不機嫌にするようなことばかり考えます。
 
昨日は最悪だった、今日は大変な 1 日になりそう、
最近何もいいことがない、という感じです。
 
そして、その不機嫌を今日に持ち込みます。
 
自分が不機嫌で 1 日を損するだけなら
まだ自己責任で片付くことですが、
実は周りにも影響を与えています。
 
 
逆の立場を考えてみましょう。
 
職場に朝から不機嫌な人がいたら
どうでしょうか?
 
気を使うかもしれません。
 
集中力を乱されて自分の仕事の
パフォーマンスが下がるかもしれません。
 
モチベーションが下がってしまうかもしれません。
 
心を整えるスキルを持っている人でなければ、
他人の機嫌に自分の機嫌も持って行かれてしまいます。
 
 
そうです。不機嫌でいることは
自分だけの問題ではなく、
周りに悪影響を与えているのです。
 
 
なぜ、今昨日の出来事を引きずる必要が
あるのでしょうか?
 
下手をしたら昨日の出来事を朝まで引きずって、
さらに 1 日中不機嫌を引きずっている人もいます。
 
昨年の出来事を今も引きずっているいる人も
一昨年の出来事を今も引きずっている人もいます。
 
あまりにも自分の機嫌の価値に無頓着すぎて、
されるがままにノンフローへと陥っていきます。
 
今するべきことは何でしょうか?
 
そのするべきことに昨日や昨年の
不機嫌な出来事は必要なのでしょうか?
 
純粋に起こった事実だけを思い返して、
次は何をするべきかを考えられればいいのですが、
過去を思い返すとどうしても
ノンフローな感情が一緒にやってきます。
 
出来事と感情を切り離して
考えられる人はほとんどいません。
 
 
ですが、自分の機嫌を大切にしている人は、
ご機嫌をつくるための思考もできます。
 
過去のことを考えてノンフローな
感情が襲ってきても、すぐに心を
フローに切り替えるのです。
 
そして必要なことに思考や行動を集中できます。
 
自分が今するべきことが明確になり、
ご機嫌な心の状態で 1 日を過ごしていけます。
 
 
不機嫌な状態で 1 日を過ごすのと、
ご機嫌な状態で 1 日を過ごすのと、
どちらがいいのか考えるまでもありません。
 
もっとご機嫌の価値を大事にし、
ご機嫌な人たちが溢れる組織やチームを
目指していきましょう。
 
 
 
P.S.
過去へのとらわれを減らす思考法の秘密とは?
【本体価格無料(送料のみ)】


http://directlink.jp/tracking/af/368691/QjVe47CW/

 

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。