ビクトリーブック無料プレゼント

働き甲斐には限界がある

9k=
おはようございます。
スポーツドクターの辻秀一です。
 
 
先日、第 3 回ホワイト企業大賞の
表彰式がありました。
 
元ソニーの上席常務で
AIBO などの開発を手がけた
天外伺朗さんが委員長で、
わたしも選考委員をさせていただいています。
 
幸せ、働き甲斐、社会貢献が
ホワイト企業のテーマです。
 
 
まず表彰式の前に参加者全員で
ダイアローグセッションがありました。
 
働き甲斐についての考え方を
ワールドカフェ方式で語らい合い、
大変議論が盛り上がりました。
 
特に大きな気づきとなったのは
働き甲斐という考え方の限界です。
 
働き甲斐の発想より一歩進んで、
人間としての生き甲斐についての
考え方が大事なのだとわかりました。
 
 
その後表彰式があります。
 
特別賞は 10 社。
 
その 1 つに以前訪問させていただいた
寺田本家様があります。
 
発酵を任せるというポリシーで
実現されている日本酒の酒蔵です。
 
大賞はダイアモンドメディア、
西精工、日本レーザーの 3 社でした。
 
 
どの会社もホントに素晴らしい会社で
受賞スピーチにみな涙しました。
 
また昨年受賞された石坂産業の
石坂社長のスピーチも素晴らしいモノでした。
 
儲けるだけではない素敵な企業の
存在に勇気づけられます。
 
 
最後に幸せの研究をされている
慶應義塾大学の前野教授が
ホワイト企業のアンケート調査の
分析結果をまとめてくださいました。
 
そこから見えてきた因子が
“いきいき” と “のびのび” と “すくすく” の 3 つです。
 
結局は揺らがず・とらわれず、
自然体であるがままでいること、
すなわちフローだということです。
 
 
もっとたくさんの企業の方々に
興味を持っていただきたいと願います。
 
せめて表彰式だけでも参加してほしいなと思います。
 
それだけでも、多くの気づきが得られるはずです。
 
 
 
P.S.
生きがいを感じられる働き方を目指す方へ、
その秘訣とは?
【本体価格無料(送料のみ)】

 

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。