あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

チームの原動力

おはようございます。

スポーツドクターの辻秀一です。
 
 
わたしはクラブチームの監督をしています。
 
1 つはバスケのエクセレンス。
もう 1 つはラクロスのミストラルです。
 
クラブチームの原動力は純粋です。
 
まず何より好きだから・・・。
 
バスケ好き! ラクロス好き!
 
土日をつぶして練習していますが、やらされているわけではありません。
 
職業はさまざまです。
 
 
目標もあります。
 
エクセレンスの目標は全国クラブ選手権出場、ミストラルは全日本選手権優勝。
 
もちろん、勝つためにやっていますが、目的を忘れず、理念を大事にしてスポーツをやっている素晴らしい若者たちです。
 
それぞれの目標に向かって日々改善しながら、クラブチームとしての活動をしているのです。
 
 
目標を決めない会社はいないと思いますし、理念や目的を掲げている会社もほとんどでしょう。
 
しかしそれがチームのメンバーに共有されていなければなりません。
 
形式的に理念や目標を掲げているだけで、果たしてそれが共有されているでしょうか。
 
目標ばかりを重視していないでしょうか。
 
もしくは、理念や目的を押し付けてはいないでしょうか。
 
 
また、メンバーそれぞれが “やらされ感” で仕事をしていては、絶対にパフォーマンスは落ちていきます。
 
やらなければならないからやっている。
やれと言われたからやっている。
 
そんな人ばかりでは仕事が楽しくなるはずありません。
 
 
目標だけを大切にすると、少なくない人たちにこの “やらされ感” が出てきてしまいます。
 
目標への貢献度は、各々の仕事内容によって異なるからです。
 
例えば売上目標に直接関わるような仕事をしている人の方が、目標に一番貢献していると錯覚してしまうのです。
 
本当は誰もが目標達成にとって必要な役割を担い、必要な仕事をしているはずなのに、結果や数字という目標ではそれが見えにくくなってしまいます。
 
このような目的や理念を大切にし、目標のため以上に目的や理念のために行動できるようになれば、素晴らしい、エクセレンスなパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。
 
 
 
P.S.
医者を辞めてまで伝えたかった、チームの生産性を高める秘密とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1件のコメント
  1. きんたろう |
  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。