あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

あなたの心の足かせは?

From 古賀令子

今まであなたはこんな風に思ったことありませんか?
・お金を稼ぐには一生懸命働かなければいけない。
・なぜかお金が入るとパッと使ってしまう。
・過剰にお金に執着する。
・お金、お金というのは卑しいと思う。

知人が主催するあるセミナーでの一コマ。

これはお金に関する「心のブレーキ(心理学用語)」
 と言われていて、そういった感覚があると 
 ビジネスの障害になることが多い・・・。

でもこの「心のブレーキ」は、多くの日本人が持ちやすい。

その大きな原因の一つは
 二宮尊徳に代表されるように
  「清貧で勤勉が美徳」の考え方が
 日本人の根底として教育されてきたから・・・。

私もしっかり二宮尊徳の考え方が
(決してこの考え方が悪いのではありませんが)
刷り込まれているのを実感。

私の父は頑固一徹の家具職人。
小さい時から、両親が一生懸命働いている姿を
間近に見て育ちました。

自営業だったので、日曜日もなく、
朝から夜まで働く姿を。

父の口グセは
「職人の価値はお客様に喜んでいただく作品を作ること」で
、一切妥協することなく、そして、高いお金をもらえない・・・。

私の中に、いつの間にか、お金を稼ぐことは大変。
一生懸命働かなければいけない!という刷り込みが
しっかり根付いてしまいました。

Dr・モルツの言葉の中に
「成功している人たちは、自分の仕事を楽しんでいる。」
というのがあります。

今までの仕事の仕方を振り返ってみると、
どこか、この感覚があり、本当に仕事を
楽しんでやってたのかな~と、ちょっと反省。

そして、セミナーの中で「心のブレーキ」と言われる
代表的なものが24個あることを知りました。

その中でも一般的に多いと言われているのが
・重要な存在であってはいけない
   自分に自信がない。
   人からの批判、叱責に対して過剰反応する。
・成功を感じてはいけない
   何をやっても「まだ、まだ」と感じ、達成感がない。
・子供であってはいけない
   ああしろ、こうしろと人に対して指示的、支配的になる。
   誰に対しても常に「いい人」であろうとする。
・人を信用してはいけない
   人を信用できない。

セルフイメージを勉強することで、
心の大掃除をしたつもりだったけど、
まだまだ、心の足かせが、残っていました。

今年も残りわずかになりましたね。

来年に向けて、よりステージアップするために、
もう一度、自分としっかり向かいあい
心の棚卸しをしようと思っています。

あなたの「来年のテーマ、夢・目標」
もう決まりましたか?
その実現にむけて、この1年間の
心の棚卸しをしてみませんか?

たとえば、上手くいったこと
 いろんな人たちとの縁が広がったな~
 年頭に描いたとおりに進んでいるな~
 
また、もう一つだったこと
中途半端に終わっていること、など
来年の課題が見えてくるかもしれません。

心の足かせに気づいて、
心を解き放ち
来年一緒により飛躍しましょう。

セルフイメージプロデューサー
古賀令子

PS
セルフイメージを強化するために、このプログラムを再度勉強スタートしました。

http://www.0stresslife.com/zrl/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

4件のコメント
  1. あややん |
  2. てじ |
  3. メグ |
  4. 百山哲示 |
  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。