あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

目標と頭脳の役割

マット・フューリー

おはようございます。
マットフューリーです

目標を達成したい場合、
頭脳の役割は2つあります。

一つは目標を立てること、
もう一つは、その目標に
集中することです。

目標に集中するには、
「心の映画館」テクニックを使います。

または、目標を小さめのカードに書いて、
自宅や会社の壁などに
貼っておくのも、その目標に
集中するのに効果があります。

では、目標を
なかなか決められないときには
どうすればいいでしょうか。

 

モルツ博士によると、
人間の頭脳は「自動誘導装置」
のようなものだといいます。

つまり、頭脳によって、
いつも頭の中で思い描いている
人間や場所、環境に
自動的に導かれると語っています。

 

また、モルツ博士によれば、
人間の頭脳は巨大な
検索エンジンであるとも
述べています。

目標があれば、
この検索エンジンによって
自動的に目標までの
道筋が検索されます。

したがって、
目標や、
そこに至る道は
自然に生まれるともいえます。

 

一方、目標が
まったくないときには、
自分の目標を見つけることが
目標になります。

また、目標が問題の答えを
見つけることである場合、
その作業を始めるのに必要な
情報やアイデアを
見つけることが目標となります。

 

有名なマーケターであり、
コピーライターでもある
ダン・ケネディは、

広告文やキャッチコピーを
作らなければならなくなったとき、
寝る前に頭脳をプログラミングし、
眠っている間に気の利いた
文句が浮かぶようにしておくといいます。

 

うまく行ったと思いますか?

もちろんです。

一週間に200ページの本を
2冊書くのと同じくらいのペースで、
大量にアイデアが浮かんだそうです。

これを数年、続けているといいます。

 

ナポレオン・ヒルも同じように、
眠っている間に無意識を使って
アイデアや計画、問題の解決策を
ひねり出すようにしていたといいます
(普通の人は、このようなことはしません)。

 

これも、うまく行ったでしょうか?

私はうまく行ったと思います。

自分が何かを求めていて、
そのことが頭脳の中で
理解されていれば、
自分にとっては良いことです。

求めているのは、
目標であることもあるし、
「問題」であることもあります。

どうすれば、アイデアや
解決策を手っ取り早く
考え出すことができるでしょうか。

 

それには、毎晩、
寝る前に自分に質問をしておく
という方法がいいようです。

そうすることで眠っている間、
または目覚めたとたんに
アイデアが浮かび、
その結果には驚くはずです。

ですから、枕元にペンと紙を置いておくのがベストです。

ではまた。

 

マット・フューリー

 

PS:
眠っている時以外でも
潜在意識をうまく使う方法は
こちらから知ることができます。

詳細はこちら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。