あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

憎むことができる?

merumaga091222

皆さん、知っていましたか?
今という瞬間、
人は人に対して
憎しみを感じられない、
ということを。

嘘ではありません。

誰かを憎むとしたら、
それは過去の相手しかいません。

憎しみを抱くためには、
人は記憶を遡り、
過去のある瞬間、
ある場面を引っ張り出す
必要があります。

そして、その瞬間、
その場面を再生して
憎しみを感じるのです。

信じられない?
それなら自分で試してみてください。

まず腹の立つ人物を想像します。
心の底から嫌いだと思う奴のことを。

その人物を今、
この瞬間、イメージします。

ただし、その際
過去を思い出してはいけません。

今の相手のことだけを
考えてください。

記憶の中でもなく、
過去のある時点でもない、
現在の相手です。

どうですか?

このような練習をすれば、
相手を憎むことはできないことが
分かるでしょう。

これは愛する人や
子どもたちを許す時
私たちが無意識に
やっていることです。

腹の立つときは
誰にでもあります。

でも、その思いを
未来に持ち越さないことです。

子どもが愛おしいなら、
全てを水に流して、
現在の姿だけを見ればよいのです。

気持ちも新たに、
心機一転です。

この方法は、誰かを
「許そう」と努力するより
1000パーセント簡単です。

相手を憎む理由となった
過去を思い出したりせず、
今現在の相手のことだけを
思い浮かべたなら、
憎しみは消散します。

静かに流れに身を委ねましょう。

マット・ヒューリー

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。