あなたは英語学習でこんな間違いしていませんか?

成功を引き寄せるチャンネル

マット・フューリー

おはようございます!
マット・フューリーです。

最近のテレビは、ネガティブな
ニュースを報じるチャンネルばかり。

ニュースキャスターの言葉を聞いていると、
この人たちは製薬会社と密約を
交わしているんじゃないかと、

私たちをネガティブ思考に染めて、
うつ状態にさせることが
彼らのミッションではないのか、

と思ってしまいます。

 

何年か前に聞いた話ですが、
憂うつとは、自分の力が
自分の置かれた環境より
弱く、手に負えない、と感じた時に
生まれる感情だそうです。

しかし、もし、私たちの言語に、
憂うつという言葉が無かったら、
どうなっているでしょうか?

このネガティブな感情を表す言葉を、
私達が持っていなければ、
果たしてそれを感じることは
できるのでしょうか?

私がこんな事を言うのは、
次の話を聞いたことがあるからです。


「この地球には、

 ある特定の色を識別しない民族が住んでいる。

 彼らにその色を見せても、何色なのか分からない。

 何故なら、彼らの言語には、
 その色を表す言葉が存在しないからだ」

 

同じことが憂うつといった言葉にも
あてはまるのではないか、
と私は思っています。

つまり、それを表現する言葉がなければ、
それを感じることはできないのです。

 

もう一つ、最近のニュースに関して、
思うことがあります。

ニュース番組が、不況にも関わらず
最高の結果を出している人について
報じることこそ、
「公平」と言えるのではないかと。

事実、世界大恐慌の時でさえ、
多くの人々が大富豪になりました。

今も、そういう人たちが
実際にいるはずなのに、
私達には、そんなニュースは
伝わってこないですよね?

実際に、私が指導している人の中にも、
最近、過去最高の成功を収めた人が
何人もいますが。

その反面、
景気がとても良かった時代でさえ、
結果を出せなかった人も、
私はたくさん見ています。

あんなに多くの人が
うまくやっていた時期にも、
四苦八苦している人がいたのです。

 

結局、大切なのは、
「不況を引き寄せるチャンネル」と
「不況の中で、成功を引き寄せるチャンネル」の、
どちらに合わせるか、ということです。

ここで、
「僕のテレビには成功を引き寄せる
チャンネルなんかないよ」
と言う人がいるでしょう。

作ればいいんですよ。

自らのマインドの中に、
そのチャンネルを作ればいいのです。

自らのマインドの中なら、
500チャンネルはもちろん、
何万チャンネルだって、何十万チャンネルだって、
無限にチャンネルを作り出すことができます。

第一、今のチャンネルだって、
勝手に出現したのではありません。

誰かが「こんなチャンネルが欲しい」と
マインドの中で作り出したから、
存在しているのです。

 

だから、あなたも同じことをすれば良いのです。

今こそ、ビジネスで成功して
富を手にしようと決意し、
自らのマインドの中で、
そのためのチャンネルを
たくさん作りましょう。

また、最悪な状況の中でも成功した人たちに
関する本を読んで、彼らから学びましょう。

そうすれば、彼らと同じ成功を手にするための
下地を作ることができるでしょう。

自分の将来は、
今見ているチャンネル次第だと考えたり、
現在の収入源次第だと
考えたりするのは簡単です。

しかし、私達は無限の宇宙に住んでいます。

今すぐ新たな収入源を
求めることだってできるのです。

 

現状を超越したチャンネルに
自らを合わせましょう。

「やればできる!」
と前向きに考えている人なら、
それは難しいことではありません。

マット・フューリー

 

PS.
成功のマインドを身に付けるなら
この本を読んでください。
http://next.drmaltz.jp/mscbook2/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  
 
  • ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。
  • お申込みされると、「デイリーインスピレーション無料メルマガ」および有料商品の紹介を記載したメールをお届けいたします。
  • このメールマガジンは、あなたの英会話上達などをお約束するものではありません。
  • MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。